いろんな事を書いていきたいな
 
 
 
 
スポンサーサイト
 
 
【--/--/-- --:--】
 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
こんな記事を発見
 
 
【2006/11/26 14:31】
 
 
記事詳細はこちら・・・



***********************************************************


「自殺するなら 健康な体 私にください」。長野県飯田市の自営業、塩沢正敏さん(83)が保存していた86年2月の毎日新聞の記事にはそんな見出しがつけられていた。記事は、68年に西日本一帯で広く起きた「カネミ油症事件」の被害に苦しむ少女が、86年にも続発していたいじめ自殺を受けて、同世代の若者に「自殺を考え直して」と呼びかける内容だ。塩沢さんは中学2年の孫とともに記事を読み、「この記事を再掲載してもらい、今こそ皆に読んでほしい」と訴える。【神崎修一】

***********************************************************


こんな記事を発見した。

今から20年前もこのような事態に国は陥っていたらしい。

20年前もこんな状況になっていた
国は結局何もしないで
きていたから
今の状況があるのだろう・・・


問題先送り・・・

これを繰り返して・・・

いじめ問題。


これを国のせいとばかりにできるのだろうか?

私の意見は、

国を動かしているのは
政治家でも、偉い人でも無く、

まぎれもなく、

私たち国民一人ひとりだと思う。

国民、いや、親として
大人としての
尊厳が問われているのではないでしょうか?


私は親ではないし、ましてや教育者でもない。
だからといって
他人事として振舞うのは
絶対にいけないのだと思う。

日々の生活に追われて、
そういう問題をないがしろにしたり、
人とのつながりをないがしろにしたりするから
子ども達も自然と
人とのつながりを重要視しないのかもしれない。

大人はもっと子ども達に
誇れる行動をしなくてはいけない。

些細なことでも・・・。

みんなは子どもに誇れる??

私は・・・。
どうかわからないけど、
でも、子どもの良き見本になる
大人でありたいと思っている。


もし、自分の子どもが
いじめをしていることを気付かない親にはなりたくない。

ましてや、いじめられていることに気付かない親にも
なりたくない。

もっと、自分の家族、他人に対して
関心を持つ必要性があるのではないでしょうか?


記事とはだいぶそれてしまったけれど・・・。



いじめられている子は
今は絶対に辛いと思う。
それは私も経験してきたことだから
凄くわかる。

戦うことも学んで欲しい。

いじめている人は、
きっといじめられている人の気持ちは理解していないと
思う。
そんなヤツに絶対、屈してはいけない。

夢や希望を持って
頑張って欲しい。

そして、
大人になって
素敵な人生を歩んで欲しいと思う。

スポンサーサイト

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
この記事に対するコメント
 
 
 
 
 
▲TOP

 
 
 
 
この記事に対するコメント投稿
 
 















 
 
 
▲TOP

 
 
 
 
この記事に対するトラックバック
 
 
トラックバックURL
→http://smiledevil.blog6.fc2.com/tb.php/95-a8a7738a

 
 
 
▲TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。